医師会からのお知らせ

News

世田谷区医師会 > >

区民の皆さまへ

「感染症患者さんが迅速に医療に接続できない状況を再び起こしてはならない」

2020.6.4

世田谷区医師会は、新型コロナウイルス感染症の第2波、第3波に備え、患者さん本位の医療体制を目指して万全の医療体制を構築して参ります。現状と課題などについて当ホームページをご覧の皆様にも知っていただきたいと思います。

① 「発熱外来の増設、PCR検査センターの設備拡充等」
新型コロナウイルス感染症の第2波・第3波、インフルエンザ等の感染症シーズンに対応するため、発熱外来の増設、PCR検査センターの設備拡充(簡易血液検査機器等)、新医師会附属診療所(世田谷区医師会初期救急診療所・松原)の有効利用等を検討しております。(PCR検査センターにはCT撮影機器も備えております)

② 「PCR検査センターでの診察、検査費用の自己負担完全無償化」
ご承知のとおり、指定感染症は経済的理由で医療を拒んでしまうことがないよう(感染拡大防止)検査、入院費用等大部分は無償です。
しかし、医師会運営のPCR検査センターでは、患者さんおひとりおひとりの丁寧な診察を行った上で検査を行っており、診察行為のない行政検査とは異なり診察料を計上しております。自己負担数百円は、患者さんにとって負担感はございます。世田谷区医師会ではPCR検査センターでの診察・検査費用の自己負担完全無償化を目指します。

③ 「防護服、アイシールド、手袋、アルコール等の衛生材料の安定供給」
現在、東京都等の上部組織を通じてPCR検査センターにも供給されていますが、保健所が介在しており実態に則した供給状況と言えません。安心・安全な医療体制には十分な医療資材の備えが不可欠です。

④ 「厚生労働省スキームによる消毒エタノール等の供給問題」
厚生労働省スキームによる消毒用エタノール配給問題は各メディアでも報道され、医療現場が大変混乱いたしました。要望と契約の不一致がございました。(遅延、高額、濃度不足、返品不可等)

⑤ 「感染症と自然災害(地震災害や豪雨災害等)への対応」
梅雨が迫り各地で小規模地震が頻出する中、感染症と自然災害との複合災害がいつ起きてもおかしくありません。感染防止と避難の両立に必要な対策を検討しております。

⑥ 地域医療構想への取り組み
人口問題、2025年に必要となる病床数(病床の必要量)を4つの医療機能ごとに推計した上で、地域の医療関係者の協議を通じて病床の機能分化と連携を進め、効率的な医療提供体制の実現をはかっていきます。

⑦ 今後の診断体制
唾液によるPCR検査が可能になります。抗原検査や抗体検査の精度が向上してくると、有効利用できると予想されます。最新情報を常にキャッチしながら当医師会の活動に反映していきたいと思います。

新着情報一覧に戻る

ページトップ