医師会からのお知らせ

News

世田谷区医師会 > >

区民の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症への対策と予防に関するお願い

2021.9.7

感染力が脅威的に強いとされるデルタ株の拡大で、COVID-19 は全国的に急拡大して、都内では1日で5000人を超える患者発生数を記録しました。この為にCOVID-19 治療を担当する医療機関のキャパシティが逼迫して、本来は入院加療が必要な状況となっても空き病床が無かったり受け入れ施設を探すのに時間を要して、やむを得ず自宅療養となっているケースが急増しています。
このままだと、治療が受けられていれば助かる可能性があって命が、治療が受けられない為に失われてしまうと言った事象も急増してしまう可能性があります。世田谷区医師会は、この様な事態になる事を心配して色々と対策を考えています。

(1)PCR検査を受けた後の自宅待機中の方々やPCR検査が陽性となりCOVID-19 と診断されて自宅療養となった方々の支援。
これまではPCR検査を受けた後は、概ね翌日には保健所から自宅待機中の方々に結果の連絡がされていました。現在は感染急拡大に伴う検査数の増加のために結果が伝わるまでに数日の時間を要する様になってきました。検査結果が判明するまで不安が大きいことでしょう。結果を待っている間に体調が悪くなってしまった場合にはいったいどうすれば良いのか? この様な場合には、“かかりつけ医”が積極的に患者さんの相談を受ける事ができる様に動いています。(夜間等診療時間外は保健所の指定する医療機関に連絡ください。)
検査が陽性となってしまった後の自宅療養中に体調に悪化があった場合の相談やお薬の処方にも同様に対応できる形を構築します。現在は電話での対応を中心に考えていますが、状況に応じて品川モデルの様な遠隔診療の可能性を模索中です。
これらの対応はこれまでは保健所が一手に引き受けていた為に、業務が膨大となり過剰な負担となっていました。地域の医療機関が協力して対応していく事で、保健所の負担の解消になればと考えています。

(2)検査が陽性で呼吸苦があり入院を要する状況にもかかわらず病床が無く自宅待機となってしまった場合に、自宅での酸素投与が行えるシステムの構築。酸素濃度が自宅でモニタリング出来る様にパルスオキシメーターの貸し出し台数の大幅な増強。
加えて酸素ステーションの様な病床を確保出来る様に、世田谷区や区内医療機関との協力体制の構築。

(3)重症化を抑制する抗体カクテル療法の拡大。
Covid-19 の重症化を抑え込む ”抗体カクテル療法“ に期待が持たれています。
この治療法は、重症化リスクの高い患者さんに適応となっており症状が軽いうちに投与する必要があります。中等症以上となって後に投与しても効果は薄いとされています。
現在は入院した状態で投与を行うことが決められています。
一方で、感染の爆発的な拡大のため、軽症者は自宅待機。中等症となっても簡単には入院出来ない状況です。重症化を抑える大きな武器を持ちながら十分に活用できない恐れがあります。広く外来レベルで投与が出来る様になれば重症者が減少し、病床の逼迫が回避される事に繋がると考えられます。今後、行政を始め多方面と折衝してPCR センターや外来で使用出来る道を模索します。

(4)PCRセンターのキャパシティを拡大しています。
世田谷区医師会は、昨年の5月にPCR検査センターを設立しました。
感染急拡大に伴い、現在では拠点を区内3ヶ所に拡大し、1日に200件弱の検査数をこなしています。陽性率は高く、40%前後を推移しています。

(5)ワクチン接種への協力
世田谷区医師会は、基本型・連携型接種施設以外の医療従事者(医師・歯科医師・看護師・薬剤師・医療施設職員・救急隊など)のワクチン接種の大半を行なってきました。
医療従事者接種が終わった後は、世田谷区住民の集団接種に出務協力してきました。
住民の接種に大きく貢献する目的で、個別接種も積極的に取り組みましたが、ワクチン供給量の縮小に伴い、現在は集団接種への出務協力を主に行なっています。供給量が回復した際には、個別接種も再び拡大する予定です。

世田谷区医師会は、COVID-19 拡大に対して自治体や区内各医療施設と手をたずさえて、区民の皆様の助けになる様に努めて行く所存です。
今は未曾有の緊急事態です。誰もが皆で力を合わせる時です。
感染との戦いが長期となり大変な苦労が続いていると思いますが、区民の皆様も感染予防対策にご協力をお願いいたします。

世田谷区医師会から皆様へのお願いです。

・基本的な感染予防対策を行いましょう。
(1)こまめに手洗いや手指消毒を行いましょう。
指先・爪の間・指の間・手首も忘れずに!
食事前後・公共交通機関の利用後や公共物に触れた後は必ず!
(2)ゼロ密を目指しましょう。
以前から3密(密接・密集・密閉)を避ける様に言われて来ました。
最近の主流となったデルタ株は、感染力が特別に強いとされています。
1つの密も避ける様にしましょう。
(3)マスクは正しく使いましょう。
マスクの上の部分は・・・鼻の形に合わせて隙間を塞ぐ。
マスクの下の部分は・・・顎の下まで覆い隙間無くフィットさせる。
出来れば不織布の物を使いましょう。
着脱は紐を持って。
着けたらマスクの外側は触らない。汚染されていると思って対応。
鼻だしマスクは厳禁。
マスク無しで会話しない!

・ワクチンは接種してください。
(1)アレルギーなどで接種不可能な状況でなければ、ワクチンは必ず接種する事を強くお勧めします。
(2)ワクチンは感染率や発症率を抑えます。時にワクチンを2回接種しても感染してしまうブレイクスルー感染がありますが、重症化を強く抑制します。
重症例が少なくなれば、医療崩壊を抑える事ができます。
(3)ワクチンを接種しても、基本型な感染予防対策は継続してください。
ブレイクスルー感染の可能性はゼロではありません。ブレイクスルー感染であっても通常の感染と同様に無症状でもウイルスを排出します。知らないうちに他の人に感染を拡げてしまう事があるかもしれません。感染予防対策は自分の感染を予防するだけでなく、他人に感染を拡げないエチケットでもあります。
(4)ワクチンはしっかり2回接種しましょう。
ワクチンの効果が安定するのは2回目の接種の2〜3週後と言われています。
この時期までは効果が不十分であると考えられます。
油断をしないでください。
(5)若い人もワクチンを接種しましょう。
若い人の重症化率は低めですが、100%安心な訳ではありません。
ワクチンは自分を守るだけではありません。世の中には体質等の問題でワクチンを接種したくても出来ない人が大勢いらっしゃいます。
自分の感染を予防する事で、その様な人を守る事に繋がります。
(6)デマに騙されない様にしてください。
世の中にはワクチンの悪いデマを拡げる人がいます。この様なデマに騙されない様にしましょう。今はインターネット等で様々な情報が得られます。その中には正確なものや事実無根なものが入り混じっています。情報源がキチンとしたものを信頼する様にしてください。COVID-19 関連で信頼度が高い例は、感染症学会や厚生労働省の記事です。
デマの例を挙げてみます。

デマ・その1 ワクチンを使った実験用のマウスが2年で死んでしまった。

→ マウスの寿命がそもそも2年です。
しかも、ワクチンが開発されて2年経っていません。

デマ・その2 mRNAワクチンを打つと遺伝子が書き換えられてしまう。

→その様なことは自然界の原則から考えて起こり得ません。
分子生物学の基礎中の基礎のお話しでセントラル・ドグマという物があります。細胞内ではDNAから設計図のRNAが作られて、それを元にタンパク合成が行われるという決まりです。
人の体内では逆向きの反応は起きません。
昔の漫画にあった「西から昇ったお日様が東へ沈む」と言った様な物です。

デマ・その3 ワクチンを打つと流産や早産が起きる。

→起きません。むしろ妊娠28週以後ではCOVID-19 になると早産が起きやすいというデータがあります。つい先日も千葉県の妊娠さんでCOVID-19 感染中に早産となってしまい、コロナ+産科救急の受け入れ病院が無く、早産で生まれた赤ちゃんが亡くなってしまうといったいたましい事例がありました。
妊婦の方のワクチン接種は安全ですので、妊娠週数に関わらず、積極的に打っていただきたいと思います。

デマ・その4 ワクチンを打つと不妊になる。

→その様なデータは一切ありません。

・もしもPCR 検査が陽性となり、自宅療養となってしまったら・・・
緊急事態の症状に注意してください。以下の様な様子が見られたら、直ぐに救急隊を呼びましょう。そして「コロナで自宅療養中だったが、急変した!」と伝えてください。
<自分でチェック出来る様子>
(1)唇が紫色になっている。
(2)息が荒くなった。呼吸数が多くなった。
(3)急に息苦しくなった。
(4)生活をしていて少し動くと息苦しい。
(5)胸の痛みがある。
(6)横になれない・座らないと息ができない。
(7)肩で息をしている。
(8)突然ゼーゼーしはじめた。
(9)脈が飛ぶ。脈のリズムが乱れる感じがする。
<周りにいる人が気がつく症状>
(10)顔色が明らかに悪い。
(11)様子がおかしい。いつもと違う。
(12)ぼんやりしている。(反応が弱い。)
(13)もうろうとしている。(返事がない。)

現在主流のデルタ株は、感染力が強く家庭内感染に注意が必要です。
家庭内感染を予防するには8つのポイントがあるとされています。
(1)部屋を分けましょう。
(2)感染者・世話をする人は、お互いにマスクをつけましょう。
(3)感染者の世話をする人は、出来るだけ限られた方にしましょう。
(4)感染者・世話をする人は、こまめに手を洗いましょう。
(5)日中は出来るだけ換気をしましょう。
(6)手の触れる共用部分を掃除・消毒しましょう。
(7)汚れたリネン、衣類を洗濯しましょう。
(8)ゴミは密閉して捨てましょう。

新着情報一覧に戻る

ページトップ